アルファースリームは天然鉱石を用いた電気を使用しない臨床データに裏付けされた医療機器の寝具です。9.8ミクロンの遠赤外線が体内の水分子と共振・共鳴し、熱の産生を行います。電気を使用しないので生体への負担も少なく、睡眠中に誰もが継続できる夢の健康法です!血行不良・腰痛の改善や疲労回復にぜひご活用ください。

For English

メールマガジンのご登録はコチラ!!

お問い合わせ先

アルファースリーム|株式会社PMC 東京オフィス|遠赤外線寝具

〒106-0032
東京都港区六本木7-4-14-乃木坂スタジオビル2階

  • 電話:03-6434-7602
  • FAX:03-6434-7605
フォームによるお問合せはコチラ
 片平代表の日記 ▲運営会社の(株)ホリスティックウェルネスへリンクします 

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

”世界が驚いた” ドバイ展示会レポート

医療機器展示会「Arab Health」出展レポートinドバイ

アルファースリームの“熱を産み出す”概念は世界でも画期的! インド人もビックリ!
 
日本のパビリオン

日本のパビリオン



中東地域において最大規模、世界でも3番目の大きさを誇るヘルスケア産業の総合見本市「アラブヘルス」が、2017年1月30日~2月2日、アラブ首長国連邦・ドバイで開催されました。

その出展に伴う9日間のドバイ滞在のレポートです。出展企業の数は、なんと4,000社。来場者も世界163カ国 から14万人います。

東京ビッグサイトで行われる健康博覧会は出展企業が600社ほどなので桁外れです。

そもそも私たちの小さな会社が出展するくらいですから、まさに世界各国から集っています。

 

さて、展示会ですが私たちのブースは、もちろん電気を使用せず睡眠中に健康に導くことができる「アルファースリーム」です。
多くの人だかりができ、人気ブースと評判になりました。
日本で活動していてもよく聞かれる質問に
「夏場暑くないですか?」
というのがあります。

アルファースリーム自体が発熱をしているわけではなく、身体の産熱を促すものなので暑い時期でも有効なのです。

 

ドバイは、夏場50度近くまで気温が上がります。もし気温が高いから体温が高いという理由であれば暑い国に住んでいる人は皆さん体温が高く、血流が良く健康体のはずです。
果たしてそうでしょうか。
実は暑い国に住んでいる人もエスキモーのように寒い国に住んでいる人も体温は同じなのです。
むしろ気温が高い夏場は産熱をする努力をしない分、基礎代謝が落ちます。

実際、血流観察をしてみると、アラブに住んでいる人の方が日本人より血流が悪いです。

暑い国に住んでいるから健康、代謝がいいわけではありません。
暑い国でも糖尿病になります。

それが「加熱」と「産熱」の違いです。

電気を使用せず、心臓に負担をかけず、運動をせず産熱を促せる方法は画期的だと今回の展示会で確信いたしました。

ところで「インド人もビックリ」という言葉をご存知でしょうか?インド人はポーカーフェイスなのでチョットしたことでは驚きません。私達の提案はそのインド人を驚かせるだけの十分なインパクトがありました!!
 
世界一高いビル「ブルジュ ハリファ」

世界一高いビル「ブルジュ ハリファ」



 

 

 



※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
”世界が驚いた” ドバイ展示会レポート(http://blog.holistic-wellness.jp/katahira/4783.html